理想の着色直径は?

手軽に黒目を大きくしてくれるカラコンは、今や日常のお洒落でも欠かせないという人も多いでしょうが、選び方を間違えてしまうと一気に不自然な目元になるため注意が必要です。特に欲張って大きすぎるサイズを選んでしまうと宇宙人になってしまう場合もあります。人によって目の大きさは異なるため、自分に合う着色直径のカラコンを選ぶポイントを紹介します。

他人から見て美しく印象的に見える瞳には黄金比率が存在します。その黄金比が「白目:黒目:白目=1:2:1」です。白目と黒目の割合が同じであれば自然な目力が備わった瞳になりますが、日本人の平均値は「白目:黒目:白目=1:1.5:1」だと言われているため黒目の部分が足りません。そこを補える着色直径のカラコンを選ぶように心掛けると良いでしょう。

まずは定規を使って自分の目の大きさを測定しましょう。目頭に定規の0mmの部分を合わせて目尻までの大きさを測ります。目の横幅がわかったら、その数値を2で割ります。すると黄金比率になる黒目の大きさが出てきます。後は、その大きさの着色直径を持つカラコンを選びましょう。簡単なので「目の横幅÷2=着色直径」の公式は覚えておくと良いですね。瞳の黄金比率に合った着色直径のカラコンで自然で美しい目を演出しましょう。フォーチュンコンタクト