着色直径とは?

ネット通販のページでカラコンを見ると、DIAや着色直径といった言葉がずらりと並んでいます。一体何のことかと思う人もいるでしょうが、DIAと着色直径は購入前にあらかじめ調べておくと良い数値です。

まず、「DIA」というのはカラコンの直径のことを表します。商品欄では「DIA:14.0m」というふうに紹介されます。そして「着色直径」とはレンズに着色が施されている部分の直径のことを表します。この、DIAと着色直径の表示をよく比べて見ると、中にはDIAよりも着色直径のほうが大きな商品もあります。カラコン全体の直径よりも着色部分が大きいだなんて、レンズからはみだしてしまうではないかと思ってしまいますが、実はDIAと着色直径は測定方法の違いによってこのようなことが起きる場合があるのです。

DIAはカラコンをそのままの状態で計測した数値ですが、着色直径はDIAと同様に測る場合と、湾曲したレンズを一度平たく伸ばしてから計測した数値で測る場合の2種類の計測方法があります。DIAと同じ方法で測れば着色直径がDIAより大きくなることはありません。しかし、レンズを平たくした平面測定で計測するとDIAを着色直径が上回ることが生じるのです。購入する際には着色直径や計測方法もチェックしてみましょう。フォーチュンコンタクト