目の形で選ぶ

自然に美しく大きな目に見えるカラコンを選ぶポイントに、黄金比率「白目:黒目:白目=1:2:1」がありますが、それに加えて目の形にも注目してみましょう。大きさと同じく、目の形も人によって様々です。切れ長な目の人もいればまん丸な目の形をした人もいるため、それによって着色直径も考慮すると良いでしょう。

目が細い人や切れ長の人がカラコンを入れる際、あまりに着色直径が大きなものを使用すると白目の面積が少なくなり宇宙人のようになってしまいます。目の縦幅がない人はカラコンを選ぶ際に着色直径は自分の黒目より一回り程度大きいものを選ぶようにすれば失敗は少なくなるはずです。具体的には、潰さないで計測した着色直径が14.0mm以下のものがおすすめです。また、フチがくっきりと描かれているものよりもぼかして描いているもののほうが目に馴染み違和感が軽減されます。

目の縦幅があり、くりっとした丸い目の人の場合、白目が目立ち三白眼気味に見えてしまいがちです。そこで着色直径は大きめの14.2mm~14.5mmのものがおすすめです。黒目の印象を強くするためにフチがくっきりとしたカラコンを選ぶとより良いでしょう。黄金比率で着色直径を導き出したら、更に目の形に合わせて微調整することで自分にぴったりのカラコンを選ぶことができます。